topimage
 ささやかなベランダ園芸と,愛車アウトバックで夏はゆとりの鮎の友釣、季節を通じカメラ片手に心の旅で充実人生を・・・

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の晩酌はゴーヤの浅漬けで - 2016.09.04 Sun

ゴーヤのポットを二個購入してベランダに鉢植えしました。
肥料をたっぷり入れて育てたのですがどうも水のやりすぎで一個は腐ってしまった。

残りの一個はすくすくと育ち実をつけましたよ。

IMGP797066.jpg



ゴーヤの浅漬けが大好きです。
刻んだゴーヤをビニール袋に「浅漬けの元」と一緒に入れチョッと揉んで暫く冷蔵庫に入れて置くと食べられます。
かじるとシャキシャキした触感でチョッと青臭さが残っているゴーヤがが好きですね。(笑)

6_20160904161914b1a.jpg





 
   133gg.jpg  IMGP1325kgg
  

スポンサーサイト

日曜日の鬼怒川 - 2016.08.22 Mon

明日は台風本土直撃の予報だった。
その前にという事で晴れ渡った日曜日の早朝に鬼怒川に出かけました。

IMGP7972kk_201608300913056fe.jpg



前回釣った「水辺の楽校」を予定していたが着いたら入る場所が無かった。

その上流のオトリ屋さん前付近に行ったが身動きできないほどの状況だった。
解禁日より釣り人が多いのではとビックリ。

そこより少し上流、比較的釣り人が少ない、この場所で始めてみました。
既にやっている人達に聞いてみたところ・・全く掛からない・・という事でしたが取りあえず竿を出してみた。

6_201608221309377af.jpg





仕度をして、どんなものかとオトリを瀬の中心に入れ様子をと思ったところ、いきなりググンという当たりで一発で掛かった。これはヒョットしていけるかも・・・。

しかし、これ以降、全く反応がなく暫くやってみたがウンともスンともいわない。
上側の人は場所替えした。
これから、何処へ行っても人気の場所は満員だろうと思ったが、ここでやっても時間の無駄と考え場所替えとする。

IMGP7978kk_2016082213014398f.jpg 

 




次の写真は前回、左岸側から撮った時の物です。
今日は水量が多い。
今回は右岸側から入ってみたところ運よく一か所空きがあった。

岸辺から静かにやっている沢山の釣り人の様子を暫く見るがあまり掛かっていない様子。
釣れた野鮎をオトリにして泳がせる。

20分、30分・・ククんと当たりがあり竿がしなり形の良い鮎が掛かった。
続けてもう一匹が掛かる。
その内、一人の方が下流の瀬に行きスペースが広がったので腰付近まで立ち込んで流心を攻めた。

コツコツ・・ガガンといった感触が手元に伝わり鮎が掛かる。
竿がのされ弓なりになる。
張った糸が絞り込まれギュンギュンと風を切る小気味よい音で良い形の鮎が掛かる。
5連荘・・久しぶりに夢中になりましたよ。

IMGP7960kk_201608221313013a0.jpg







24-25cmの鮎、数は11匹でしたが楽しめました。

IMGP7981kk.jpg





133gg.jpg    133gg.jpg    IMGP1325kgg


       

台風接近前の鬼怒川へ - 2016.08.17 Wed

久しぶりに鬼怒川へ行ってきました。
今年、2-3度行った飛山オトリ屋さんの右岸上流に着いたのが9時頃でした。
川は増水で濁り川底は見えない。

期待して始めるが一度、針掛かかりしたがバレそれっきりでした。
その後は、あちらこちら場所変えしてやっても反応なし。

結構、釣り人は居たが見極めは早く移動した。
やる気をなくし11時過ぎに早めの昼食を摂る。
バーナーでお湯を沸かしてコーヒーを淹れ川面を楽しみながらゆっくりと飲む。

午後は、とりあえず下流に向かい「水辺の楽校」付近に行ってみた。

下流方向
下の瀬には何人かいました。

IMGP796766.jpg





上流方向
何時もこの辺りは釣人が多いのだが今日は少ない。

今年は一度も竿を出したことが無かったが駄目元でやってみた。
入った場所が良かったようで直ぐにガツガツと当たりが在りギュンっと竿が曲がり下流にのされる。

竿が35度程、下流に傾く。
竿をため下がりながら鮎を岸辺に寄せ、滅多にやらない振り子抜きに挑戦。
一発で決まり上流から下りて来る鮎をすくい上げタモに入れると針が尻尾にガッツリと掛かっていた。

この一匹で午前中のうっぷんが一気に解消です。(笑)
結局、こに辺りを引き回し5匹釣れましたよ。

IMGP796666.jpg





IMGP796255.jpg



133gg.jpg    133gg.jpg    IMGP1325kgg
       




鬼怒川の鮎 - 2016.08.07 Sun

朝8時ころ鬼怒川の右岸側に着いた。
遠くから見ると、ここは何時も沢山車が居て人気のポイントだが釣るのは初めて。

既に釣っている人が居て竿を置いたので尋ねてみた。
  昨日は水が多くて朝から掛かった。3人来て16匹-10匹の釣果だった。
  今日は減水していて掛からない。
と教えてくれました。
水量もいいし水も綺麗、期待して下流に行き写真の釣り人の見える間に入ってナイロン0.2号で泳がせる。

今、掛かるかと胸を弾ませたが全く反応が無く先行者は場所替えを始める。


IMGP794255.jpg




写真の上流は解禁の頃に入った場所だが車も釣り人も見えない。

掛かるかもと密かに思いながら竿を担いでテクテク歩いて行ったが石は垢腐れでハミ跡は見られなかった。
しょうがないので左岸に渡り下流に行く。

帰り際ですが、ここ鮎缶を沈めた所まで、
左岸から竿を持ったまま渡ろうとしたところ流心の深場でいきなりガツンと掛かった。
続けて気持ちのいい当たりで2匹追加。

今日もツ抜けならずかと思っていたが、ここで意外にも3匹釣れて丁度10匹となった。

IMGP794355.jpg





話は戻ります。
左岸に渡り下流に歩き最初に釣った所の反対側付近に来ました。
このトロ場でポツポツと21-22cm位が掛かってくれました。

団子状態になった鮎を引き抜こうとしたところ鼻カン上から切れ此処までで二ケタならず。

IMGP794455.jpg






てなことで帰り際に追加して何とか10匹確保でした。

IMGP794855.jpg 





   
       133gg.jpg   IMGP1325kgg            

昼から鬼怒川 - 2016.07.31 Sun

梅雨明けの猛暑日、鬼怒川に行ってきました。

お昼近くに日陰に車を止めコーヒーを飲みながらトロ場を眺めるが掛かる様子はない。

IMGP7927xx.jpg




トロ場の上流、オトリ屋の前、瀬落ちのタルミが開いていたのでやってみました。

オトリを入れると直ぐに当たりがあり掛かりました、意外。
小型のアユですが、ここで続けて4匹掛かったのでびっくりです。

その後、上や下に移動したが鮎の反応が無かったので元の場所に戻り1匹追加で終了です。

IMGP7929xx.jpg





奇形の鮎は放流し残りを持ち帰り処理した。
おとりサイズは1匹のみ、内臓やエラ等を処理し塩を振り少しおいて浮いた水分を拭き取った状況です。
この後、タレに付け込んだ後、天日干しにします。

数が少ないので頭も残してみました。
素揚げにして頭からかじりつきます。

IMGP7937ee.jpg




掲示板

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ayu悠悠

Author:ayu悠悠
さいたま市でささやかライフ・・・リンクはご自由に、どうぞ宜しく。(撮影 Canon7D)

アルバム

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

FC2カウンター

カテゴリ

FC2ランキング

FC2Blog Ranking

・・・・・・・・・

ブログランキング・にほんブログ村へ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

RSSリンクの表示

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。